料理の鉄人に出場!武雄温泉の懐石 宿 扇屋の料理は絶品だった。

  • 投稿日:
  • by

創業明治38年!武雄温泉目の前の地元食材をふんだんに使った懐石料理を味わえる宿

料理の鉄人の味

武雄温泉目の前にある武雄温泉 懐石宿 扇屋です。
ご主人は大阪の名門吉兆で修行し、あの料理の鉄人に二度も出場した腕前。
器にもこだわった素晴らしい懐石料理を堪能してきました。

先付:長芋素麺

長芋素麺

  • 長芋素麺
    • 叩きおくら
    • じゅん菜
    • 青柚子
長芋を極細に切って素麺に仕立ててあります。
混ぜ物はありません。
長芋ってここまで細く切れるのかと、最初の一品から驚きでした。

点心:銀彩草花文鉈豆皿

点心

  • 銀彩草花文鉈豆皿
    • 鯛の笹寿司
    • 出し巻き卵
    • 沢蟹
    • バイ貝
    • 赤海月と胡瓜の胡麻酢和え
    • 鞘隠元の胡麻味噌和え
    • 蕨烏賊
    • 合鴨と葱焼き
    • 鯵の卯の花まぶし
    • 木ノ芽
この小さい一皿にどれだけの手間がかかっているのか。
一口一口が驚きの美味さでした。

椀:蛤の潮仕立て

蛤の潮仕立て

  • 蛤の潮仕立て
    • 人参
    • 独活
    • 白髪葱
    • 木の芽
料理だけを見るとシンプルなんですが、まずこの蛤がでかい!
出汁もしっかり出てて、点心で一気に色々な味を味わった舌を落ち着かせてくれる感じ。
おそらく蛤自体にもかなり包丁が入って細かい仕事がされていたように感じました。

造り:美味新鮮

お造り

  • 美味新鮮
    • 有明と玄海の盛り合わせ
    • あしらい
佐賀県って福岡と長崎に挟まれているので、玄界灘と有明海両方の海の幸が味わえるんですね。
鮪は大トロ、イカ、甘鯛、海老、鯵だったかな。
新鮮なのはもちろん、イカには細かく包丁が入っていて驚くほど柔らか。

煮物:夏野菜の炊合せ

  • 夏野菜の炊合せ
    • 小芋
    • 蓮根
    • 牛蒡
    • 南瓜
    • 小茄子
    • 一寸豆
    • 車海老
    • 蛸の小倉煮
    • おくら
    • 茗荷
    • 青柚子
炊合せと言っても、入ってる素材だけでこれだけの数があるんです。
それぞれ下処理は違うだろうし、手間がかかってます。
味付は薄味。

焼物:黒毛和牛炭火焼き

ステーキ

  • 黒毛和牛炭火焼き
    • 馬鈴薯サラダ
    • ポン酢
    • 胡麻酢
長崎牛のステーキですね。赤いところを残したミディアムレア。
これがまた脂身がほとんど無いのに口の中に入れたらとろけちゃうんですよ。

揚物:初夏の天ぷら

天ぷら

  • 初夏の天ぷら
    • 穴子
    • あおり烏賊
    • とうもろこしのかき揚げ
    • アスパラ
    • 檸檬塩
    • 抹茶塩
天ぷらは揚げたてを一品ずつ持って来てくれるスタイル。
カウンターの天ぷら専門店ではない、旅館の個室で食べてるのにこのサービスはすごいです。
とうもろこしの甘みと塩の組み合わせは特に美味いですね。
やはりあおり烏賊は細かく包丁が入っていて柔らかくいただけました。

御食事:佐賀牛時雨煮飯

ご飯

  • 佐賀牛時雨煮飯
    • 青紫蘇
    • 胡麻
    • 赤出汁
    • 香の物
佐賀は九州の米どころとしても有名ですね。
地元で穫れたお米と佐賀牛の相性は最高です。
ご飯の上に乗っている佐賀牛の時雨煮はお土産としてロビーで買うことができます。

水菓子

デザート

  • フルーツのコンポート
    • ミント
こういったコンポートは缶詰なイメージがあるんですが、ピンクグレープフルーツ、メロン、キウイ、オレンジと生のフルーツをカットした手作りなんじゃないでしょうか。
缶詰っぽかったのは白桃くらいかな。
何気ない一品も手がかかってます。
食べ終わった後に「シェフを呼べ」とか言って感想を述べる人の気持ちがよくわかりました。
これはご主人にお礼を言いたい料理。
懐石 宿 扇屋

満足度:★★★
食べログ評価:
総合3.23 (夜- 昼3.23)

ジャンル:
懐石・会席料理

営業時間:
11:30~14:00 17:30~21:30

定休日:
年中無休

電話番号:
0954-22-3188

住所:

食べログ
2015年5月31日の情報です。