富山県氷見港の池田屋旅館で地産地消の魚介尽くしの夕食が最高過ぎた。

  • 投稿日:
  • by

池田屋旅館の亭主が腕を振るう夕食

刺身など

富山県の漁港、氷見港から徒歩5分の池田屋旅館
アットホームな旅館で夕食はもちろん氷見港で揚った魚介尽くしです。
まず並べられたのは新鮮な刺身、カツオのたたき、飛魚の卵巣の沖漬け、いくら、もずく酢。
最初から全開ですねー。
刺身にはサザエも。
飛魚の卵巣なんて初めて食べました。
そしてもずく酢。何気ない一品ですが、氷見港の名物です。

キリンラガー

カレイの揚げ出し

カレイの揚げ出し

食べつつ飲んでいると運ばれてきたのはカレイの姿揚げ。

カレイの揚げ出し

ここに出汁をかけるとジュワーっと湯気が上がります!

カレイの揚げ浸し

しっかり揚げられていて頭から尻尾まで、骨ごと食べられるんです。
バリバリと食べ進めます。
一人一匹、かなりのボリューム。

焼き魚

焼き魚 焼き魚

焼き魚は焼きたてを2種類。
脂が乗っててこれもまた美味い。

氷見産コシヒカリとあら汁

ご飯とあら汁

さりげなく出てきたご飯ですが、聞いてみると氷見産コシヒカリ。
そりゃ美味くないわけがないですね。

氷見産コシヒカリ

とっておいたいくらを載せて食べるとこれがまた最高です。
氷見港の美味いもんを堪能できるコースでした。
寒鰤の季節にも来てみたい。
池田屋旅館

満足度:★★★★
食べログ評価:
総合 3.05

営業時間:

定休日:

電話番号:
0766-72-0188

住所:

食べログ
2020年8月24日の情報です。

池田屋旅館旅館 / 氷見駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7